“視察先の神戸で20歳の可愛いフリーランスとのセックスレビュー”

“こういうPCMAX感想に書き込んでいるのは44年の男性なんですが、神戸の20年の婦人とのセックスの全てを書いているんですよね。40年や50年になっても20年くらいの婦人とセックスできる機会があるなんて、出会い系サイトがなければあり得ないんじゃないでしょうか。出会い系サイトの最大の魅力の一つですよね。【44年の千葉県内男性】神戸へ久しぶりに来訪だったが役割が結構短く片付いたので、夜は関西乳児を味わおうとPCMAXに登録を通して仕込んでおく。寝泊り先の神戸○○インホテルへ戻り、すぐさまPCMAXの掲示板を閲覧したが、焦ってもいいことはないのでひとまず仮眠をとることにした。21瞬間頃に目が覚めてPCMAXを確認すると、応答メールが3目的あった。2目的は38年と46年だったのでカットする。1目的はいい感じの内容だった。「此度、打ち上げが終わり、東急ハンズ前に友人とある。友人は再び帰ると言っているので遊べませんか?」1日数くらい前のメールだったので二度と無理かもしれないなぁと思いながらも応答してみると、その5パイ後にメールが届く。「大丈夫です」と。そこで急いで待ち合わせ場所に向かった。すると甚だ露出都度の高い服をきた、黒乙女が待っていた。話を聞くと、20年のフリーランスのようだった。巡り合い関係で男性と会うのはいよいよで些か緊張していると言っていた。「もうすぐどうする?」と一先ず尋ねてみると「まかせます」というので、寝泊り先の宿屋へ一緒に戻ることにした。広場に入ると「わぁこんな広場ついに」と喜んでくれた。「前の恋人はラブホしか行った事がないから(笑)」と喜んでくれた。「前述20年って言ってたけど、意外と年、大丈夫だよね?」と念を押して聞いてみると免許証を見せてくれた。一番20年だった。しかし免許証の写真はかなり雰囲気が違っていた。彼氏に聞くと今季に入りイメージチェンジしたということで、それまでは真面目な黒髪の婦人だったらしい。彼氏が先にお風呂に入り、後からボクが入って行くと最初は思い切り恥ずかしそうだったが、抱きしめてキスをすると彼氏の身体の威力が抜けていくのが分かった。背後からオッパイを揉み、ちん○を彼氏のお尻に押しつけて乳首を摘まむと、彼氏の息が激しくなってきた。オッパイをまさぐりながら片手は、アソコに伸ばすと既にびしょびしょと濡れていた。彼氏は、私の前に膝ずくと舌先でちん○を刺激し、じっくり口に含んでくれた。サウンドを立てながらエロい舐め方をできるので感動がいっぺんに高まった。そこから裏側の体位にとっていくと、彼氏はちん○をアソコに自分で持っていき合体した。著しく突き上げるとそれに合わせ彼氏は、腰を振る。するとボクは、久々のSEXからか我慢の限界になり、彼氏をいかせる前に彼氏のお尻の上に射精した。20年のピチピチした肉体は最高で凄い神戸来訪の夜間となった。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です