“出会い系サイトは人生のどん底の所なのか!?”

“一風変わった出会い系サイト感想を見つけました。PCMAXの感想です。この方はこんな風に書いていますよね。「出会い系サイトはある意味で天命のどん底の職場であるからこそ、最高に楽しい」と。天命の地図に関してなのかもしれませんよね。その瞬間は最悪の巡り合いだったと思ったとしても、天命のトータルで考えるとそんなにむだではなかったという巡り合いは多いと思います。色々な事を考えさせられるメモでした。【40年齢の宮城県内パパ】人は生きてくときの手数として、良い人でありたいとかあるんじゃないかと思うようになりました。そんな想いに至ったのも出会い系サイトを使うようになって心から色んな情況の色んな人達に出会ってきたからです。すでに前のことになりますが、PCMAXで出会って頻繁に会った、割り切り交流ではあったけど、その彼氏は父兄の病魔と働けない父兄の為に事務系の仕事をこなしながら出会い系サイトで集客を通していた。意思が当てはまるので飲みにも何回も行った。入院費に20万円足りないという相談もしていたので貸してあげたりもした。最初から分かっていた事項だが、その給料はむしろくる事はなかったが一度もエントリーもした事はない。ただ給料を貸してあげる公約として、サイトはするな、に関してだけは言った。そしてそれを彼氏は忠実に守っていたみたいだった。そしてしばらくして父兄も元気になり、彼氏は殊更生活が困る事もなくなり、そして自身にも恋愛ができたので二人のつながりに区間が生まれることになった。そしてちょっぴり経ち、県内外部に取り入れが決まったという御礼のメールが彼氏から届いた。それをきっかけにして彼氏のTELを消した。でも何かあるごとに彼氏はメールをくれた。結婚することになった、とか。そういった一報はとにかくしてほしくもないのに。父兄の入院費に20万かかったとか、それが本当か戯言かはどうしてでも相応しい。20万で彼氏の天命の切符を買ったと思えばいいのだから。彼氏はその話をしている時、相当酔ってはいたけど、いとも泣きながら、知らない人のチン○なんて舐めたくないと言っていた。その相談に自身は何とも言えない悲しさと共に熱気を覚えた。結構そうと思ったから。自身もむかつく女房のアソコを給料を貰っても舐めるなんて無理だと思ったから。正に色んな天命があると思った。貸してあげた20万で、身体を売るという事を彼氏は辞めた。自身はたったの20万円で、彼氏の天命に足跡を残したし偽善奴にもなれたに関してだろう。出会い系サイトはある意味でどん底の職場かもしれない。割り切りから同性愛、何でもありなんだから。でも素敵な出逢いもそこには沢山あるんですよね。普通にライフスタイルしてるだけだと絶対に出会えない人にここでは出会えるんです。騙されたふりして他人の天命に力を貸してあげるというのも、それはそれでいいんじゃないかと思うようになった。天命は当然巡り合いだなと思うようになった。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です